「IoT技術と地域資源融合型スマートファーム」 ~地域の課題解決を官民連携で事業創造~

テーマ:「東北発ICTスタートアップの人材育成等」
<東北発スタートアップの挑戦>

【講師経歴】

東京でクラウドIoT制御システムの開発を行うMOVIMAS(モビマス)を創業し、岩手県・八幡平市と農業振興を目的に包括連携協定締結を経て、スマートファームプロジェクトを推進。

現地法人の八幡平スマートファーム設立後、地域資源を活用する高石野施設野菜生産組合の事業承継を行い、現在は2社の代表と地元組合長を務める。八幡平スマートファームでは、松川地熱発電所の温水を活用し、通年でのバジル栽培を地域資源とIoT技術を組み合わせる手法で循環型社会のインフラを構築。

首都圏から地方に本社機能を移す企業を国が支援する事業の岩手県第1号として立地協定を締結し、ITと農と食で新たな産業と雇用を生み出す「まちづくり」を八幡平市ふるさと大使の活動を通じて、地域産業の発展に貢献。

株式会社MOVIMAS  代表取締役 兒玉 則浩氏